会長挨拶
八代市は熊本県の南部に位置し、日本三大急流の一つ、球磨川の河口に広がる人口14万人の市です。 東部の山手には九州自動車道が走り、水俣と人吉の分岐点として、市内には3つのインターチェンジを有しています。また、西部は天草を臨む八代海に面しており、 5.5万トン級の船が着岸できる日本重要港湾に認定されている八代港を有し、東南アジアとの海運貿易の拠点港として、交通アクセスが非常に便利な、県内第2 の都市として将来を期待されています。
春は九州国際スリーデーマーチ、秋は九州三大祭の一つである妙見祭(八代神社の秋の例大祭・重要無形民俗文化財)、やつしろ全国花火競技大会が催され、多 くの観光客がいらっしゃいます。気候温暖で、自然災害の比較的少ない住みやすい街です。
私たち八代市医師会は、14万市民の健康を守り、地域医療の充実を求めて次の6つの事業を展開しています。
 ①八代市医師会病院(療養型病床で医療病床50床、介護病床50床)
  ②健診検査センター

  ③八代看護学校(1学年定員 准看護師課程70名 看護師2年課程40名)

  ④訪問看護ステーション及び居宅介護支援事業所

  ⑤夜間急患センター(八代市から受託)
 
特に、八代市から受託されている夜間急患センターは、医師会立病院内に併設し、19時から22時まで、内科・外科系医師と小児科専門医が待機し、市民に 安心を提供する場として定着しています。 また、平成25年度より、八代市・氷川町・八代保健所・八代郡医師会・八代市医師会・その他介護事業関連機関と連携し、在宅医療・介護の将来像 の構築に向けて検討中です。
医師会員151名、医師会職員182名、市民の信頼に応えられるよう地域医療の充実に努めてまいります。 
                                                                                  八代市医師会         
                                                                                     会長 田 渕 勝 典  

 

kaityou_h24.jpg
会長  田 渕 勝 典
最終更新日 ( 2016/07/21 木曜日 15:48:49 JST )
 
Copyright 2018 八代市医師会.